あざみ

だいぶご無沙汰しております。
ことしも我が家にほたるぶくろが咲きました。


毎年楽しみにしています、
めめでございます。


昨日校舎うらのあじさいの
夢のような混ざりあいに
改めて不安定なその花を
美しいと感じたり、
最近花をじっくりと
観察したくなっています。


のうぜんかづらと青い空
雪に落ちてる赤い椿
アネモネや菜の花の春と
季節を彩る彼らがすきです。


皆さんはどんな花がお好きでしょうか。


さて、前置きが長くなりましたが
最近は来週と再来週に控えた
試験勉強に勤しんでいます。
職場の先生に今日も数学を教えてもらっていました。
…数学が好きになりそうだ。
(解けると楽しい教科だもの…!!)


すっきりと整理された世界に身を置くと
じぶんの底が透明になってきて
風通しがよくなるのを感じます。
これが理系の美しさなのだろうなぁ。
逆に文系は頭の中に薔薇のつるが巻き付いていくイメージ。
深い森に潜っていく感じです。


最近はどちらも好きになりました。
…勉強はできないけどね。


大切な方の誕生日メール逃したり
やらなきゃならない仕事をためたり、
相も変わらずだめな私ですが、
それでも平和に生きてます。
皆げんきにしているのかな。


夏休みには学生の頃みたいに
どこか遠くへ行きたいですね。



P.S.GWに家族で行った星野富弘美術館の
あざみという作品が最近の好きな言葉になってます。



( 待つこと、
 耐えること、
 花のつぼみ
 …みんな似ている


 みんな
 明るい方を
 向いている)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック