永久の森

そして少女は 永久(とわ)に従い 透き通った森の中を 低いかかとで歩いた。 天の柄杓から おおきな水滴が 彼女のてっぺんへ 一粒落ちてきて 彼女は自分が もう寒くないことを 星を通して知った。 抱いた人形の 天鵞絨(びろうど)のドレスが あどけない柔らかさで 手のひらを安らげると も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別。

果てを見る 痛み耐えぬき ほほべにと くちべに映えし そのしろさかな とりあえずご報告です。 本日14時半ごろ 祖母が息を引き取りました。 2、3年まえから 覚悟はしていたので その節で不安定な時は 多方面でお世話になりました。 お通夜は明日になります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七月のピクセル

金星に麦茶。 ひぐらしに鬼灯。 度の入った眼鏡越しには 灰に濁った乳の。 (昨日ね、庭に 蛍ぶくろが咲いたよ。) 星空と花火と うすみどりの蛍と 微かな火薬のにおいと せせらぎと。 幼さと。 思いと。 (そこには、きっとね。 幸せなことだけが 残っていたんだね。) 硝煙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法学校

今日は海の日でしたね。 暑い1日でしたが 皆さまいかがお過ごしでしたか。 自分は冷房のきいた 姉の部屋にて ぐーたらしておりました。 節電です。甘えではないはず。 でも現実逃避ではあります。 仕事しないとまずいのです。 でも仕事したくないのです。 (こら) さてこの日曜日は かの有名な児童書の 最後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラスト・フライト

さようなら。 この青い球体。 ぼくは今ひとつかみの こんぺいとうをもって あまみのない痩せた世界に ひっそり、旅立ちます。 凝り固まった疲労と 銀色のかたまりを混ぜた 小さなロケットに乗り込み わずかな装置とともに。 ぼくが居て 救えない誰かが居るなら 空気がなくなることくらい ぜんぜん苦しくあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

透明不透明。

少し期間が空いてしまいましたが 皆さまは既に天の川なぞ ごらんになりましたでしょうか。 相変わらず星好きなめめでございます。 さて、もうすぐ七夕ということで 先日は科学博物館に行き プラネタリウムに入り 夏の夜空をしっかり予習してきましたよ。(寝ちゃったけど) 星座早見盤付きのキーホルダーも購入し、 準備万端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無題

※以下注意。 男の目線からみた女を 書こうとしてこうなりました。 どうして、こうなった。 ギリギリですが色々危険です。 苦手なかたは読まないでね。 (殺してよ。) 女はわたしのネクタイを引っ張ると 挑戦的な瞳で攻めたてた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイ・シャトル

思わず撮影。 昨日お迎えに行ってきました。 かわいい、上品なこです。 母の車より大分ちいさく のりやすい、のりやすい。 大好きな音楽を入れて、 はやく仲良くなりたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂理と斉唱

ひとみにぽたり 一粒雨。 (この小さな二つの切り目に) (落ちる確率は幾分だろう。) 日が沈む境を見た。 美しいオレンジの火が すばやく消えた、直後。 (自然っていうのは これから起こることなんて 解って巡っているんでしょうね。) ちょうどすいた空間に かなかな蝉、むだなく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆きの岸辺。

6月になりましたね。 そろそろ衣替えの時期ですが もう夏服でおられるのでしょうか。 めめでございます。 さて、今週はフルで仕事の日々でした。 せんせいがたがいらっしゃらず 担任に、空き時間はほきょうに。 結局3クラスに入って 見たり話したりしたので クラスの特徴をひしひしと感じていました。 やはり担当教科だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救われたいなんて 身勝手で愚かな生きものです。 (だつてどうしたつて) (あたしはあたしなんですもん) それでも 願わずには祈らずにはいられない。 黄金の剥がれた神神へ その名前さえ知らないまま。 (よわいにんげんなんですもん)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴンドラの唄。

今月はたくさん更新してますね。 明日くらいに台風はどうなっているでしょうか。 今週は少し疲労気味でした、めめです。 さて、先週はたいへんお世話になりました。 そしてお誕生日おめでとうございました…!! すみません、ついついメールしそびれ…。 まだ間に合うかしら…なんて思っている次第です。 今日は映画を2本観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆まきジャックと固い土

ジャックは大地を愛していたから、その人生が大地の上で遂げられることはないと宣告されたとき、誰よりもかなしく思った。しかし彼はそのかなしみを決して顔にはださず、いつも通り控えめな微笑をくちびるの端に浮かべていた。 うなだれた仲間が次々と剥き途中の空豆の籠を干からびて罅割れた地面におろし、籐椅子から立ち上がるさなか、彼はただひたすら真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木洩れ日電車。

池袋に向かっています。 今日は高校時代の友人と 久々にお話するので すごく楽しみにしております。 なんというか 高校ではたくましくて行動的、 親身になってくれる友人に 沢山囲まれていたのですね。 会って話したり 電話とか手紙とか たくさん勇気付けられてる気がする。 そりゃ色んな欠点のある人間です。 そうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしたに

きもちよいほど はればれした空 こんな日曜日に お手紙かこう。 『ああ、こんにちは。  あるいはおはよう。  未来はきようも明るいですか。  あんまり外が気持ちよいので  あなたにお手紙かきました。』 かなしみのない はればれした声 口笛のきこえる お手紙かこう。 『思えばい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝石の名を持つ車。

5月は一年で一番素敵な季節。とは ある漫画で主人公が言ってた台詞ですが、 ほんとうに、その通りだと思います。 鮮やかなきみどりが綺麗。 まるで宝石を散りばめた世界。 皆さまはいかが思われますでしょうか。 タイトルにも書きましたが 宝石の名を持った車との 対面がようやく見えてきたので かすかに浮かれています、めめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪癖

折れそうな 弱い茎を 折ってしまおう。 綺麗な花だけ残して。 嗚呼何て、 傲慢で残酷で美しい寓話。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルデラ

彼はありあまる日差しを その前歯にさえぎり笑い 胸元にかがやく勲章さえ 特に口にもしなかった。 しかし人の視線とは 整えられた前歯などより かがやく勲章にいくもので。 どんなに綺麗な笑い方でも なんの価値さえ見えない人は 私なぞより随分りこう だと。 でもだからこそ私は 私の温度でいられるのだから それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とろ。

かえるの鳴き声が賑やかです。 楽しい休日を 過ごされましたでしょうか。 めめは今日の部活のせいか 多少よわっておりますが ちたけうどんを食したので じみに元気になったようです。 さて、先日は多方面でお世話になりました。 午前集合で美術館に行き その後ゼミ飲み その後オール飲み その後朝帰宅で部活という …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more